中規模企業パターン

2010年8月6日

中規模企業パターン

5名~30名の企業。現状のオフィス費用をダウンサイジングして事業資金に使いたい!
そのような企業にお薦めのレンタルオフィスオフィス活用方法
  • 今のオフィスを解約することで戻ってきた敷金を事業投資へ!CROSSCOOPは、敷金・礼金・仲介金が0円なのでキャッシュポジションが改善します。
  • オフィスの移転をしたいけど、とにかくイニシャルコストを抑えたい!レンタルオフィスは敷金・礼金・仲介金がかからず入会金のみと、開設時のコストが安くてすみます。また、CROSSCOOPはオープン型ブースのレンタルオフィスのため、オフィスのレイアウトを柔軟に変えることで、更にランニングコストを安くすることも可能
  • オフィスに必要な設備(電話、コピー・FAX等のOA機器、インターネット設備、電源、デスク・チェア、会議室、受付)を完備。スタッフによる秘書代行サービスもあり、オフィス開設に係る工事費用の削減や運用に必要なコストセンターを共有
  • 各オフィスともに都内の一等地にあるので、東京23区外への移転のように、企業の撤退・縮小イメージを持たれることなく住所を変更することができます。
  • 会議室や共有部をシェアすることで、デッドスペースをもたない!什器なども持たない!オフバランス経営を実現。 入居者は、青山・新宿オフィス併設のセミナールームを格安で借りられるので、営業手段としてセミナーを頻繁に開催できます。
  • 企業が成長していくにあたって人員の増減はつきもの。移転先の物件選定に割く労力やその人員に合わせた設備什器の手配、物件契約時にかかる礼金・敷金・仲介手数料など発生せずに、席の増席と減席が柔軟にできます
  • レンタルオフィスだとセキュリティ面が不安・・・CROSSCOOPでは、外部からオフィススペース内への立ち入りはできないセキュリティシステムを整備しています。

業種・業態ごとのおすすめオフィスプランのご紹介

今のオフィスにかかるランニングコストを抑えたい!(5名~10名規模のスペース) → 六本木オフィス スペース契約 青山オフィス スペース契約 オープンスペースタイプなので事業の成長に合わせた席の増減も柔軟に対応。特に青山は5~10名規模の企業が多く入居されています。
今のオフィスにかかるランニングコストを抑えたい!(10名~30名規模のスペース) → 新宿オフィス スペース契約 JR新宿4分、東京メトロ新宿三丁目1分の最高立地。2010年7月1日オープン、今なら30名規模でも自由にレイアウト設計が可能です。
セミナーを頻繁に開催したいので、セミナールームを借りるコストを安くしたい! → 青山オフィス スペース契約 外苑前駅から徒歩2分。大会議室(最大50名収容)と小会議室(最大18名収容)の併設セミナールームが入居者価格で利用可能。
レンタルオフィスの活用術~あなたはどのパターン?
  • 起業・開業・独立するなら、やっぱり成長できるオフィス環境で上場を狙いたい!>> 詳細はこちら
  • 地方企業の東京拠点、営業や開発チームのサテライトオフィスが都内に欲しい!>> 詳細はこちら
  • 1名からのSOHO。個人事業主として信用力が上がる場所のオフィスと会議室を使いたい!>> 詳細はこちら